東芝、AIで密集検知 大量のカメラ画像を高速解析

IT総合
東芝は、1分間に約180台のカメラ画像を高速解析し人の密集度合いを検知する人工知能(AI)技術を開発した。新型コロナウイルスの感染予防のため、駅や空港などの公共施設や大規模商業ビルの混雑状況をリアルタイムで把握する必要性が高まっており、今年度中の製品化を目指す。
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました