MITの小さな人工脳チップがモバイルデバイスにスパコン並みの能力をもたらす可能性

IT総合
MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者が新しいタイプの人工の脳内シナプスに関する論文を発表した(MIT論文)。既存バージョンに比べてパフォーマンスが向上するという。物理的には紙吹雪の一片よりも小さいチップ上で数万単位の組み合わせが可能だ。小型で省電力仕様でありながら、複雑なAIコンピューティングをデータセンターに接続せずローカルで処理できるデバイスの作成に役立つという。研究チームは「メモリスタ
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました