米アップルが新型コロナ対策アプリに症状と健康状態を匿名で共有できる機能を追加

アプリ
Apple(アップル)は自社製の新型コロナウイルス向けのiOS用対策アプリとウェブサイトに新機能を追加した。ユーザーの年齢、これまでの健康状態、症状、潜在的な暴露のリスク、居住している州といった情報を匿名で共有できるようになった。同社によれば、こうした情報は個人を特定するいかなるデータとも関連付けられていない。集計情報としてCDC(米疾病管理予防センター)に提供され、同センターが新型コロナウイルス
Source: グノシー:アプリ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました