人間の脳のように情報を記憶できる「脳を模したチップ」が開発される

IT総合
マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、人間の脳の情報伝達シナプスのように動作する「メモリスタ」と呼ばれる受動素子を数万個配置することで、人間の脳のように情報を記憶できるチップを設計しました。
Alloying conducting channels for reliable neuromorphic computing | Nature Nanotechnology
https://w
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました