なぜ中国ではオンライン診察が広がるのか 新型コロナ・ウイルスの流行で利用が急増

IT総合
2月、湖北省武漢市で、オンラインでの慢性疾患の再診が医療保険の支給対象となった。新型肺炎の流行を受けて規制緩和が前倒しされた形だが、3月にはこの措置は全国に拡大された。従来、オンライン診察は医療保険が適用されなかったため軽微な疾患での利用が大半だったが、一気に利用が広がりそうだ。オンライン医療企業の微医(ウィドクター)によると、2月26日に武漢市で同社のサービスが認可されてからわずか10日あまりで
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました