MIT出身の女性2人が起業のBiobot、新型コロナ対策を下水分析で支援

IT総合
メキシコの首都メキシコシティの経済的に恵まれない地域で育ったマリアナ・マトゥスは、医療サービスへのアクセスがないことの意味を、身をもって学んできたという。それが、彼女が2017年にバイオボット・アナリティクス(Biobot Analytics)を共同創業するきっかけとなったテクノロジーの開発につながった。バイオボットのテクノロジーを使って下水に関するデータを分析すれば、周辺地域の住民が潜在的に持つ
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました