滅びた世界、人類はどうすべきだったかを問い直す新連載「コロナくんの追憶」

マンガ
西島大介の新連載「コロナくんの追憶」が、本日4月29日にクイック・ジャパン(太田出版)発のWebメディア・QJWebにてスタートした。「コロナくんの追憶」キービジュアル「コロナくんの追憶」は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の封じ込め作戦に失敗し、都市も文化も壊滅状態に陥った世界を舞台にした作品。取り残された“コロナくん”が、人類は何をすべきだったかをカルチャーを通して問い直すほのぼの
Source: グノシー:マンガ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました