今年起こりうるサイバー脅威、生体認証データなど機密性の高いデータを入手し攻撃の幅を拡大か

IT総合
AIを利用した個人情報の悪用、ディープフェイク、APT攻撃…2020年に起こり得る「サイバー脅威」
近年、サイバー攻撃者は個人に関する多くの詳細な情報を入手できるようになり、漏洩した情報を利用した標的型攻撃を行いやすくなった。
Kaspersky Labのグローバル調査分析チームの予測によると、2020年には標的型攻撃はさらに高度になり、サイバー犯罪組織は生体認証データなど、より機密性の高いデータ
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました