RISC-Vによる新しいプロセッサの開発が難しいのはなぜなのか?

IT総合
プロセッサが解釈し、実行できる命令を体系化した命令セットアーキテクチャにはいくつか種類があり、代表的なものとしてはx86やARMが存在します。そうしたアーキテクチャのひとつであり、オープンソースで開発されるRISC-Vは、x86やARMに並ぶ可能性があるとして注目を集めており、RISC-Vを採用した独自プロセッサの開発に乗り出す企業もあります。半導体に関するニュースを扱うSemiconductor
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました