『麒麟がくる』はシェイクスピア劇のような父子の愛憎劇に 織田・斎藤家の親子関係を読み解く

エンタメ
NHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、よく泣く男としたたかな女のドラマだ。彼らが繰り広げる、豪華絢爛戦国親子愛憎絵巻である。 第12回、第13回は、迫り来る父親の死を前に苦しむ織田信長(染谷将太)を鼓舞し、彼女の父親・斎藤道三(本木雅弘)と信長との関係を良好にするため ...
Source: グーグルアラート:エンタメ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました