長池とも子が描く、ルネサンス期の歴史ロマンス「傭兵隊長の花嫁」

マンガ
長池とも子「傭兵隊長(コンドッティエーレ)の花嫁」が、本日4月16日に発売された。「傭兵隊長の花嫁」本作の舞台は16世紀のイタリア。メディチ家に仕える料理人の娘・エレナは奥方であるマリアの命令で、ロマーニャ地方・チェゼーナの新領主であるダヴィデの城に向かう。表向きには人手が足りない城のお手伝いだったが、実はダヴィデをいつかメディチ家に迎えるため、人となりを探ってほしいという思惑があった。ダヴィデは
Source: グノシー:マンガ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました