マイクロソフト、地球の健康評価可能にする「惑星コンピューター」構築を計画

IT総合
2020年1月に米マイクロソフトは、2030年までにカーボンネガティブ、つまりCO2排出量をマイナスにするべく会社としての取り組みを行うことを発表しました。その後発生した新型コロナウイルス感染症の猛威によって世界は混乱のさなかにありますが、それでも持続可能性の問題が消え去ったわけではありません。マイクロソフトはこれまで"AI for Earth"として農水産業、生物多様性、環境保全、気候変動、水の
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました