新宿区、検査スポットで患者振り分け 独自システムを構築

IT総合
新型コロナウイルス感染者の急増を受け、東京・新宿区は、医療崩壊を防ぐため、患者の症状にあわせ医療機関などに振り分ける独自のシステムを始めると発表しました。
 「検査をできるだけ可能な限り多く実施して、感染している方と感染していない方を区別する」(新宿区医師会 平澤精一会長)
 このシステムでは、PCR検査が受けられる検査スポットを設け、陽性となった患者のうち、中等症や重症の人は区内の8つの病院へ入
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました