大阪大学が新型コロナウイルス対策「フェイスシールド」の3Dデータを公開

IT総合
大阪大学は、メガネフレームの「シャルマン」と連携し、世界中で欠乏が予想されているコロナウイルス対策品「フェイスシールド」を産学連携で緊急開発。データを即時、無料で公開した。
・Webからデータを入手可能
大阪大学院医学系研究科の中島清一特任教授、室崎修招へい教員らは、共同研究先のひとつでメガネフレームの世界的メーカーである「シャルマン」と連携し、世界ではじめて、クリアファイルをシールドに使う非常に
Source: グノシー:IT総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました